即日融資で当日振込みをしてもらえない人の条件とは

即日融資を受けても、当日振込みをしてもらえるとは限りません。即日融資というのは、その名の通り、申込みをしたその日のうちに指定した口座に振込みをしてもらうことを指します。しかし、気をつけておかないと、その日のうちに振込みが反映されず、目的が達成できないこともあります。

即日融資といえば、大手の消費者金融が最もスピード面で優れています。大手の消費者金融に申込みをすれば、30分後には審査の結果が出て、合格をしていればすぐに限度額の範囲内までなら振込みを実行してもらえます。振込みの手続きに何分かかかりますが、5分もかからないという意見も多いです。例えば、大手の消費者金融に14時に申込みをしたら、14時半に連絡が来て、振込みの依頼をしたら14時40分には口座に反映されていたという例などがあります。

ここで注意が必要なのが、銀行の営業時間はほとんどの場合、平日の15時までだということです。大手の消費者金融の対応がいくら早くても、口座に反映させるための手続きを銀行がしてくれなければ、即日融資は受けられません。平日の15時までに手続きをしてもらうということが、即日融資を受けるために重要なことです。これは大手の消費者金融に限った話ではなく、銀行のカードローンなどでも同じです。

銀行カードローンの場合には、普通預金口座を持っていないと即日融資が受けられないということが多いです。銀行カードローンの商品説明をよく読んでおき、即日融資を受けるための条件を確認しておきましょう。即日融資審査なしという商品はないと思ったほうがよいでしょう。