フリーランスのSEに求められるスキルとは

フリーランスのSEとは、特定企業の社員としてではなく、個人として仕事を請け負うSEの事を指している。案件の内容次第では、クライアント企業に常駐する形で仕事をする場合もある。しかし、ほとんどは仕事をする場所や時間を自由に決められる、契約内容を一人で全て決められるなどのメリットがフリーランスSEにはあると言える。

一方、注意点としては、お金の管理や営業なども自分で行う必要がある事や、企業に所属している社員と比べると収入が安定しないといった一面がある。フリーランスSEになる事を目指しているのなら、年収の相場はどの位なのか、求められるスキルは何なのかなどをあらかじめ確認してから独立するのが良いだろう。

フリーランスSEになるには、専門知識や経験などももちろん重要だが、それ以外にも求められるスキルはいくつかある。その1つがコミュニケーション力だ。フリーランスとして独立した場合、営業も大切な仕事の1つになる。もしSEとして経験や実績がなくても、優れたコミュニケーション力があれば、スムーズに仕事を得ることができ、将来的には経験を積んで収入アップに繋げる事もできる。そのため、自分のアピールポイントを相手に伝えて案件を獲得するできる程度のコミュニケーション力はフリーランスSEにとっては必要不可欠と言える。

ただし、どうしてもコミュニケーション力に自信がないのであれば、エージェントを活用するという方法もある。エージェントを活用すると中間マージンが発生するため企業と直接契約するよりは収入が減るだろうが、安定して仕事を獲得できるのは大きな利点だろう。候補に入れておくといい。