SEは今、英語力が求められている!

昨今、英語力のあるSEを求める求人情報が増えている。英語力はもはやSEの資質として、欠かせないものとなっている証拠と言えるだろう。逆に言うと、英語力の高いSEであれば、フリーランスを含めて活躍の場が広がることになる。フリーランスの求人市場はグローバルであり、英語力が市場に打って出る足掛かりになると言えるのだ。

SEにまず求められる英語力は、読解能力である。なぜなら、IT業界の最新情報は、海外のIT先進国から発信されることが多いからだ。その場合、情報は英語で記載されるのが通常である。IT関連の情報は専門性が高く、読み解くには高い読解能力が必要だ。以前の国内企業は、海外からの情報の翻訳を外部に依頼していたが、現在のような変化の激しい時代には、外部依頼では対応しきれなくなっているのだ。

グローバル展開を志す大手企業の多くは、英語力の高い人材を採用する傾向にある。それは、中小企業にも当てはまりつつある。ビジネスの世界はグローバル化しており、インターネットと不可分な関係にある。グローバルにビジネスを展開するには、英語が必須のコミュニケーションツールとなる。まして、IT企業では海外の企業やクライアントとやり取りすることが多くなり、英語が使えなければ仕事にならないだろう。

また、英語力の高いフリーランスであれば、ブリッジSEとして活躍する場もある。これは、海外のエンジニアとやり取りしながら、プロジェクトを進める役割を果たすものだ。実際に海外に趣く可能性もあるため、海外で働くことを視野に入れているのであれば挑戦してみるといい。